どんぐり倶楽部してます。・・・が・・・な母のひとり言をたま~に記録していきます。どんぐり知って早6年(^_^)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月13日の作品です。
みそこはどんぐりをやる日を水曜日と決めているけど、今の所やったり、やならなったり・・・
そんなみそこを見守れるのは、彼女が自分の意思で生活している事が窺えるから。
やるとき、やらないときのスイッチがはっきりしている。
やった方が良い事は解っているけど、気分が乗らないときは、絶対にやらない。

学校から帰ったら、自分の世界に入り込んで、しばらくするとおやつ!!と言う。
学校から家への生活へ切り替える時間なのか、それとも学校のストレスを自分なりに処理している最中なのか。
自分の気持ちが向くまでてこでも動かないみそこ。

徐々にどんぐり問題をするという事をを定着させて行きたいと思います。


1mx88 20150513

答えまではたどり着けませんでした。
久しぶりに取り組んだけど、文字と数字ばかり・・・
学校でのダメージがあるのかな・・・

ぼちぼち、やっいきましょう(^_^;)
スポンサーサイト

【2015/06/05 13:34】 | みそこ
トラックバック(0) |
げんくんのどんぐり。
5月になってから、比較的自分からどんぐりに取り組むようになりました。
水曜日だよ~と声をかけなくても良くなる日は近い!!はず。


もう、少し前のことになるので、その時の状況も記録してないし・・・ダメじゃん。
とりあえず、問題だけアップしておきます。

2mx09
2mx09 0520


どこからか迷い込んだ2mx問題。
この手の問題はいつも上記のようにやりますが、数え間違えることがほとんどです。


4mx31
4mx31 0527



割り算は、未だに大きな数字になると○を数だけ書いて分配する。
でも、数え間違えるから答えも間違う。かけ算を使ってみようという気はさらさら無いらしい。
筆算のやり方、時々説明しているんだけど・・・

1つのやり方を見つけたら、そのやり方をずっと続ける。
効率が良くないやり方だから見間違える。


どうやって修正していけば良いのか??
それでも最近ようやくかけ算の筆算は板についてきた感じ。でも、使えば便利なところで使えない・・・
念のため、げんくんは5年生です(苦笑)
時間をかけるしかないのかな。。。




まぁ、分数の所を理解しているってことで、これは良しとしよう。

【2015/06/06 11:27】 | げんくん
トラックバック(0) |
時間のあるときにせっせとアップしておかないと、いつ次に出来るやら・・・


最近、思うことがあります。げんくん、わからんちょう行きばかりで、どうやって進化するのか?
そもそも、進化するのか?
と不安な日々を過ごしてきました。

どんぐりをやる上で、守らなければならないことは多々あります。
ダメダメかあちゃんなので、完璧に出来ているわけではありません。
それでも、それでも!!最近、というかここ数日、

「げんくん、ちょっとづつ進化してる??」

と思うことがあります。
今までがとんちんかん過ぎたのかも知れません。
なので、ちょっと普通に近づいただけかもしれません。

まだ、確信ではないし、具体的に何が?というところまで突き詰めて居ませんが
徐々にじっくりと観察していきたいと思います。


最近自転車に良く乗ってます。
どこへ行ってきたのかと聞くと
「近所の神社の周りをぐるぐる回ってた」
「近所のちょっとした坂道をジェットコースターのように下ってた」
そんな感じ。
そして、1人でちょっと遠くまで行ってみようと思い始めた所です。
これも、げんくんなりの進化だ!!とちょっと嬉しい出来事でした。

で、5mx08

5mx08 0603

相変わらずですが・・・
自分からやる気になって取り組むところまでは良いけれど・・・
乱雑な感じの絵・・・
そして、やっぱりわからんちょう行き・・・

1/3が1/4になってる。


絵はこんな感じだけど、やりながら話してたことは
「でんでん小学校の問題、もっとやりたいから探しておいて~」
問題の束に紫陽花の葉と輝く滴の問題を見たときには
「面白そうだから今度やろーっと」
って言ってたから、全くの投げやりでは無いことは確か。


どこまでげんくんのわからんちょう行きがたまるのか。
ある意味楽しみになってきました。
あ~やけくそか・・・

【2015/06/06 13:12】 | げんくん
トラックバック(0) |
みそこさん、足し算の筆算を習ってきました。
意気揚々と、その日にやった筆算を説明してくれました。
説明の中で、先に10の位を足して、次に一の位をって言うから
「一の位からやらなきゃダメだよ~」
って言ったら・・・
涙が出てきたみそこさん。

自慢げに話したのに、鼻をへし折られて・・・
違うことは違う!!って言った私が大人げなかったのか。

言うタイミングって大事だね。


気を取り直して、取り組んだどんぐり。
2mx39
2mx39 20150603


早速、筆算を使ってみた所が可愛い。
役に立たなかったみたいだけど(笑)


何倍?っていう問いに対して、まだ理解していない感じです。


みそこは、「答えは違ってるけどがんばったから終わって良いよ」と言うと
正解を探し求めます。
どうにも解らないと、次にしようって事になるけど、今回のような時は
正解になるまで聞いてきます。

さくっと止められるようにした方が断然良いとは思う。
だから日々修行。


次回は音声録音を久しぶりにやってみようかな~

【2015/06/06 13:13】 | みそこ
トラックバック(0) |
げんくんの昨日の出来事

学校から帰ってくるなり


「今日さ~1,2時間目が漢字のテスト(4年生の漢字)でさ~0点だったんだよ。そしたら先生に怒られた!!」
「こんな簡単な問題なのに何で0点なのって!!」
「なんで怒られなきゃいけないんだろうね、意味解らん」
「だってさ~0点取ったって、別に良いじゃん。1,2時間目だったからまだ頭動いてないしさ」
「だから、先生に言ったよ、これは俺の事だから口出ししないでくれって」



おいおい・・・そこまで言い切れるげんくんって一体・・・
現実、げんくんは漢字の書き取りが大の苦手です。いつやっても書けるのは数個。
宿題に出ていても、宿題を無視しているので、マシーンもたまにしか活躍しません。
たまには一回書いて、その続きを私が書きます。
そんな、げんくんにきっと先生も堪忍袋の緒が切れたのでしょう(笑)

書き取りの宿題はしない、それでいて漢字も書けない・・・



そして、今日の夕方

げんくん「ビニール袋持ってきて~」と玄関からの声
仕事から帰ってきてぐったりしていた私は、重い腰をあげてビニール袋を取りに行きました。



「ほら!!桑の実だよ」



え~どこで採ってきたの?(゜Д゜)



「すぐそこだよ、去年の今頃見つけてさ、今年もなってるかな~と思って行ってみたらあったんだよ」
「いっぱい食べてきたよ、か~か(母のことです)も食べて良いよ」
「なんで、ビニール袋取ってって言ったか分かる?桑の実採ってきたよって言ったら楽しみが減っちゃうでしょ」



ありがとーーーーーーーー、美味しいね。






こんな出来事があると、漢字の書けないのくらいどうだっていいやっって思ってしまうのです。
だって、桑の実が実る頃をちゃんと覚えていて、見に行けるんだよ。
そっちの方が百倍素晴らしいと思うのは、私だけ???



【2015/06/10 21:01】 | 日記
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。