どんぐり倶楽部してます。・・・が・・・な母のひとり言をたま~に記録していきます。どんぐり知って早6年(^_^)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運動会明の翌日、友達の田んぼの稲刈りを手伝ってきました。

稲刈りとは言っても、稲を刈るのはバインダーという機械。一束づつ縛ってくれる便利な機械です。
それを集めてはざかけ棒に掛けるのが仕事。
はざかけ、初体験。稲がもう少し重たいと思っていたけれど意外に軽かった。
でも・・・今日は足(腿)が筋肉痛です(´・ω・`)

最初は子供たちも楽しんで稲を集めてくれましたが、やっぱり遊ぶ方が楽しい!!
トンボを捕まえたり、蛙を捕まえたり。


蛙は二種類。アマガエルとトノサマガエル。
今日、知人にトノサマガエルは絶滅危惧種だよと言われたのですが、ホントかよ???
と思うほど、田んぼにはたくさんいました。


最初はアマガエル(娘はかわいこちゃんと呼んでます)しかつかまなかった我が子達も友達の子に触発されて平気でトノサマガエルを捕まえて投げて遊んでいました・・・・
アマガエルに至っては、足だけを持たれ逆さにされて~カエルの足の筋肉の強さを確かめてみたり。



そして、稲を集めていればその間から交通事故(多分、バインダーにひかれた)に遭われてしまったトノサマガエルが・・・・・
みそこと友人の子(年少、女子)はお腹の飛び出た蛙をじっと眺めておりました。
稲を掛けるのに忙しかった私はそのまま放っておきましたが、しばらく眺め、棒でつんつんしたり・・・女子二人。亡くなられたトノサマガエルにしばし夢中になっていました(苦笑)


私にはとうてい出来ない遊びを繰り広げていました。


そして、今日仕事をしていればハウス(農業用ハウスです)の中にはオニヤンマが入ってきました。
これには大人もちょっと興奮(゜Д゜)持ち帰りたい~という言葉も出たけれど、そのままにしておきました。
オニヤンマ、本当に大きかった!!

午後にはみそこが友達と遊ぶと言って近所の稲刈り後の田んぼに入って藁を集めてマイハウスを作って、そしてそしてその前の栗の木には大きな実がついており、勝手に拾って持ち帰り・・・・

やりたい放題の娘達。


そんな自由な遊びが出来るのも、この環境があるからこそ。


まだまだ、思う存分その環境を楽しませてあげたいと思っています。
スポンサーサイト

【2014/09/22 16:53】 | 日記
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。